株式会社ウィズ・パートナーズ

投資事業有限責任組合

2010年独立系運用会社として発足以降に運用をスタートしたファンドをご紹介いたします。

ウィズ・ヘルスケアPE1号
投資事業有限責任組合(現在募集は行っておりません)

日本にとって、重要な産業の一つであるヘルスケア産業。しかし、日本の上場バイオベンチャーの多くは、医薬品実用化までの長い年月と大きな開発費が成長への負担となっています。

先行している企業群が確実に成功しないと産業全体は活性化しません。私たちは上場バイオテック企業を中心に投資実行を行い、独自の技術に基づいた新しい治療方法を提供するバイオベンチャーの成功例を作り出すことで、国内バイオ産業マーケットの育成・活性化に貢献できるのではと考え、本ファンドを設立しました。

ファンドマネージャー
藤澤 朋行 マネージング・ディレクター
投資先企業
  • ナノキャリア株式会社
  • 株式会社ジーンテクノサイエンス
  • シンバイオ製薬株式会社

ファンド概要・手数料・リスクについて »

ウィズ・ヘルスケア日本2.0
投資事業有限責任組合(現在募集は行っておりません。)

昨今、これまでのブロックバスター型新薬の時代が終焉し、ヘルスケア産業は大きな転換期を迎えています。これは、まさに新しいステージの序章であり、優秀な人材の流動化が活発になり、挑戦的な研究に人・資金・知財を投下することで、次世代の業界を担う企業が日本で生まれる可能性が高まっています。このさらなる可能性を具現化するために私たちはウィズ・ヘルスケア日本2.0ファンドを設立しました。

ファンドマネージャー
藤澤 朋行 マネージング・ディレクター
投資先企業
  • ナノキャリア株式会社
  • 株式会社メディネット
  • シンバイオ製薬株式会社
  • 株式会社メドレックス
  • FRONTEO(フロンテオ)
  • 株式会社免疫生物研究所

ファンド概要・手数料・リスクについて »

ウィズ・アジア・エボリューション・ファンド
投資事業有限責任組合(現在募集は行っておりません)

日本には世界に誇る高度な技術や高品質なサービス・製品を持つ新興企業が数多く存在します。しかしながら長期の経済停滞に起因する国内市場の縮小により、多くの企業が成長鈍化に苦しんできました。

ウィズ・アジア・エボリューション・ファンドは、当社の持つ国内外の経営資源とネットワークを活かし、日本の優良企業をアジアの成長と結びつけることで、日本企業の成長ポテンシャルと企業価値を最大限に顕在化させることを目指します。

ファンドマネージャー
飯野 智 マネージング・ディレクター ファンド事業CIO
投資先企業
  • アドバンストメディア株式会社
  • 株式会社昭文社
  • CRI Middleware

ファンド概要・手数料・リスクについて »

上記いずれのファンドも、当社が金融商品取引法第63条第3項の特例業務届出者として、本組合の有限責任組合員の出資持ち分の募集を行ったものですが、現在募集は行っておりません。

ページ先頭へ